The Place of Tokyo > ブログ

ブログ

TWICE

2017.6.19

こんにちは

 

ウェディングプランナーの相澤です

 

雨が続きやっと梅雨らしくなってきました

 

梅雨の時期は天候の変化に体調が左右されやすい時期でもあります

 

結婚式のご準備も無理はせずうまくリラックスしてお過ごしくださいね

 

さて 本日は新商品の紹介をさせていただきます

 

The Place of Tokyoで取り扱っているエターナルブーケ

 

プレストブーケ.PNG

 

プレストタイプのものが人気です

 

そこに新たに新商品が出ました

 

今回はキャンドルタイプのもの

 

ソイワックス.PNG

 

新婦様が使用したブーケをドライフラワーにしてそれを使用したキャンドルが作れるんです!

 

ソイワックスのみで作っている天然素材100%のソイキャンドル

 

有害物質がほとんど出ないため身体にも優しいんです 食卓でも使えます

 

キャンドルの他にプレートとサシェもついています

 

キャプチャ.PNG

 

ブーケはせっかくだからそのままの形で残したい!

 

という方もいらっしゃると思いますので

 

会場の装花を使用するのもお薦めです

 

新郎新婦様おふたりが座ったメインテーブルのお花がキャンドルに生まれ変わるのも素敵ですよね

 

使用したお花によって仕上がりのカラーも変わってくるので出来上がりが楽しみになります

 

気になる方はプランナーかフローリストまでお声かけください

 
キャプチャ2.PNG

 

3つのバイト

2017.6.16

こんにちは

 

The place of Tokyoの中村でございます

 

先週から梅雨入りとなりましたが

 

雨だからこそ美しく感じる紫陽花や雨上がりの虹を見て

 

リフレッシュしてみてはいかがでしょうか

 

さて 最近の結婚式で大定番のファーストバイトですが

 

その他にもあと2つ “バイト” と呼ばれる演出があるのをしっていますでしょうか

 

そんな本日は3つの“バイト”とそれぞれのロマンチックな意味についてご紹介致します

 

まず1つ目は有名な ファーストバイト

 

ウェディングケーキを新郎新婦がお互いに食べさせあい

 

息ぴったりのふたりの仲のよさが伝わる演出です

 

f.jpg

 

新郎から新婦へのファーストバイトの意味は

 

“一生食べる物に困らせない”

 

という意味があります

 

新婦から新郎へのファーストバイトの意味は

 

“一生おいしいご飯を食べさせる”

 

という意味で

 

お互いが助け合いながら生きていくという誓いの演出です

 

2つ目は サンクスバイト

 

今まで育ててくれた親御様に

 

新郎新婦から感謝の気持ちを込めてケーキを口に運ぶという演出です

 

実はこのサンクスバイトは親御様に限らず

 

お世話になった先輩や友人 感謝の気持ちを伝えたい方にして頂くことができるんです!

 

大切なゲスト様にも感謝の気持ちを伝えられるなんて 素敵な演出ですよね・・・

 

fa-.jpg

 

最後に3つ目は ラストバイト

 

これは親御様から新郎新婦へ食べさせる演出

 

今までは自分の子供だった新郎新婦おふたりへの養い収めという意味が込められています

 

sannku.jpg

 

ゲストとの絆が強くなる3つのバイト

 

今まで育ててくれた両親やお世話になった友人への感謝の気持ちを込めて

 

会場もさらにあたたかく 感動的なワンシーンになるかと思います

 

family-ties-300x200.jpg

 

3つのバイトを取り入れて より一層愛に包まれた結婚式になりますように!!

バージンロード

2017.6.12

こんにちは

 

The Place of Tokyoの佐々木でございます

 

関東も梅雨に入りましたね

 

本日は バージンロードについてご紹介いたします

 

女の子の幼いころからの憧れでもある「バージンロード」

 

za.jpg

 

キラキラと輝く花嫁さんが みんなに見守られながら

 

一歩一歩 歩いていく姿

 

素敵ですよね

 

バージンロードという言葉は 実は和製英語で

 

欧米ではウェディングロード またはアイル(通路)と呼ばれます

 

入場する扉はご新婦様がお母様のお腹から生まれた瞬間を表し

 

そこに続くバージンロードには深い意味が込められています

 

キャプチャ.JPG

 

バージンロードには

 

過去を踏みしめて未来へと続く道を意味し

 

「人生」

 

を 表しているといわれております

 

今日まで歩んできた人生を 振り返り

 

一歩一歩ステップを踏みながら進んでいきます

 

ATT01660276.jpg

 

また 歩き方にも意味があることをご存知ですか

 

エスコートされる方と一緒に右足を出して 左足をそろえる

 

左足をだして 右足をそろえながら

 

ゆっくりとバージンロードを歩いていきます

 

この歩き方は 赤ちゃんのよちよち歩きを意味しています

 

ゲストの方々があたたかく見守る中

 

新婦様は家族との思い出を振り返りながら

 

エスコートを受けゆっくりと歩いていきます

 

感動のシーンですね

 

バージンロードの持つ意味をじっくりかみ締め

 

ご家族やご友人の方々に

 

感謝の想いを込めて歩いてみてください

 

ただ 歩くのとは全く違い きっと感動であふれる素敵な式になるのではないでしょうか

 

ATT01660354.jpg

 

お色直しの由来

2017.6.9

こんにちは

 

The Place of Tokyoの高橋です

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます

 

ご披露宴ではほとんどの新郎新婦様が行っているお色直し

 

bfb15454fc7220d53f72574d06774c35.jpg

 

今回はそのお色直しの由来についてお話させていただきます

 

お色直しは日本特有の文化です

 

外国では式中で着替えるということはなく同じドレスで過ごすのが主流です

 

日本でお色直しが行われるようになったのは奈良時代まで遡ります

 

当時は挙式後3日間は白無垢をまとい

 

4日目に色打掛を着るという習慣がありました

 

新婦が神聖さを象徴する白一色の白無垢から

 

相手の家に染まるという意味をこめて色打掛に衣装を着替えます

 

ae5c1214f489449b1206a925c6e89a32_l.jpg

 

1f8dc300a3a6465c4dfb14cb683c70ae_s.jpg

 

現在ではその文化が簡略化され

 

披露宴の途中で衣装を着替えるようになりました

 

奈良時代は和装だったお色直しですが

 

現代では

 

ウエディングドレスからカラードレスへ

 

洋装から和装へ

 

和装から洋装へ

 

様々なお色直しがございます

 

ATT01660747.jpg

 

蜥瑚」・ATT06820513.jpg

 

ゲスト様の楽しみのひとつでもあるお色直し

 

ぜひお気に入りの衣装を選び

 

素敵な姿をお披露目してください

顔合わせ 結納

2017.6.5

こんにちは

 

ThePlaceofTokyoの小向です

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます

 

今回は 普段皆様が何気なく使っている

 

【祝儀袋】についてこめられた想いをお話させていただきます

 

cdd3f6f1dbe43dc45441af28ea6ac07f.jpg

 

皆様は祝儀袋が何故あのような包みになったか ご存知でしょうか

 

あの包みになるまでには 色々な日本的歴史背景が隠れています

 

f0321f1b55e9ac86c6ad0671d03fc252.jpg

 

日本では古来より

 

人はいろいろな意味において汚れているとされています

 

神社にお参りする前に 口と手を清めるのもそのためこのことからも

 

贈りものを直接手で持つことが

 

その人の汚れをそれに移してしまうことになると考えられていました

 

御祝の品はできるだけ清らかなものを選び

 

それを真っ白の紙で包み水引を結ぶことによって

 

中の品は清浄なもであるという意味を込めています

 

また 「ご祝儀」は

 

お祝い事をお互いに支えあい

 

喜びあうという意味を持っています

 

そんな気持ちを込めて 今後はお持ちいただけると良いのではないでしょうか

 

では 祝儀袋についている 【水引】にはどのような意味が込められているのでしょうか

 

a6d21cd7197497fb5693d041eb4554c7.jpg

 

結びきりの水引は

 

簡単にほどけないことから 使えるのは一度きりなので

 

挙式など何度も繰り返すのが好ましくないご結婚式によく使われています

 

蝶結びの水引は

 

引っ張るとほどけて何回も結び直せることから

 

「何度繰り返してもよい」という意味で

 

出産祝い 初宮 七五三等に使用することが多いですね

 

ちなみに何故 【水引】 というのでしょう

 

これは作り方に関係しており

 

和紙を縒って紙縒り(こより)状にし縒りが戻らないように水糊を引いて乾かし固めたことから水引とよばれるようになりました

 

水引の本数も意味合いがあり ご結婚式では10本の水引がよく使われます

 

これは 5本は陰陽五行説に起源があるとする説の他に

 

水引結びである基本の5本は手の指の5本を表しているという説もあります

 

左右から中央で交わる形は互いの手(贈る側)と手(贈られる側)が握り合う形を表しており

 

婚礼関係の10本は

 

結婚する本人達と両家が互いに手を結び合って縁結びをする形を表しているといわれます

 

be382bf6fd7082a6791691975916c2ce.jpg

 

意味合いを知ると より深い日本の歴史と結婚式

 

皆様もご結婚式を機に

 

是非調べてみてはいかがでしょうか

 

COPYRIGHT © The Place of Tokyo. ALL RIGHTS RESERVED.